読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモコレーー具現の館ーー

日本海外を問わず、優れた立体造形+アメコミを紹介していきます。

ミレニアム ゴジラ

 

f:id:omokore:20170423162015j:image 

f:id:omokore:20170423124014j:image

クレーンゲームかなんかの商品だったはず。バンプレストだったかな? オークションで買ったので、細かいことは把握できてないけど、造形が酒井ゆうじ氏によるものだってことは覚えている。

 

f:id:omokore:20170423160950j:image

f:id:omokore:20170423161011j:image

f:id:omokore:20170423161033j:image 

ミレゴジは歴代ゴジラの中でもお気に入りの造形。特に、VSゴジがあまりパッとしなかったこともあって(と言いながら、VSメカゴジ以降全部映画館で観てるけど)、『ゴジラ2000 ミレニアム』での再始動は嬉しかった。ストーリーはともかくとして、このゴジラにはハマった。

 

f:id:omokore:20170423161113j:image

f:id:omokore:20170423161137j:image

f:id:omokore:20170423161202j:image 

キンゴジをイメージの重点に置いているであろうミレゴジ。恐竜というか、ガマガエルにも似た顔の作り。賛否両論あろうとも、個人的には精悍に思えてやっぱり好き。

 

f:id:omokore:20170423161233j:image

最大の変更点は、背びれの鋭さ。剣山のように尖り、これで敵を切り裂いたことも。これまでになかった、紫と銀の配色が美しい。武器にする必要はあんまり感じませんが。

 

f:id:omokore:20170423161300j:image

f:id:omokore:20170423161331j:image

ムビモンシリーズよりかなりでかいので、造形はばっちり。特に、全身の鱗の表現や、足部の作り込みに惚れ惚れする。このどっしり感。やっぱりゴジラは、重々しさがなくちゃ。

 

f:id:omokore:20170423161420j:image

f:id:omokore:20170423161436j:image

f:id:omokore:20170423161532j:image

 

顔つきは、映画に比べてやや鈍角な印象。モスゴジが和風、キンゴジが洋風というよくわからない図式が頭の中にあって、キンゴジ派生のミレゴジにも洋風な印象があった。でもこいつは、どこか狛犬を連想させる面構えで、なんとなくモスゴジの意匠も入っている感じがする。

 

f:id:omokore:20170423161854j:image

f:id:omokore:20170423161932j:image

f:id:omokore:20170423162133j:image

可動部は前脚と尻尾くらい。ガシガシ動かして遊ぶタイプのソフビではないってことか。

 

f:id:omokore:20170423162315j:image

f:id:omokore:20170423162400j:image

f:id:omokore:20170423162542j:image

かっこいいなぁ。さすがは酒井ゆうじ氏。